外壁塗装の塗り替えタイミングと劣化症状

新築で購入した家でも、年月が経てば屋根や外壁は傷んできます。傷んだ塗装は塗り替えしなくてはいけなくなりますよね。しかし、外壁や屋根の塗装ってどれくらいの時間もつものなんでしょう。 外壁塗装の塗り替え時期と言っても、耐用年数は家によって使用されている塗料が異なるため、次に塗り替えが必要になる年数も変わってきます。

塗料のグレードとその耐用年数については下の表が目安となります。


グレード    耐久年数

アクリル    3~7年

ウレタン    5~10年

シリコン    10~15年

ラジカル制御  12~15年

フッ素     15~20年

無機      20~25年

光触媒     15~20年


外壁塗装は外壁の美観と保護が目的であります。このことから、塗装を怠ると雨漏り、外壁のひび割れなどの問題が発生してきます。

雨漏りは、屋根からはもちろんですが、外壁でも発生することがあります。塗装をしないと塗膜が劣化し塗膜の防水機能が低下し、ひび割れ部分から雨水が浸入してしまう恐れがあります。

建物は常に日光や風雨にさらされているため、建物自体が劣化していき、結果として建物寿命が短くなってしまいます。あなたの大切なお家を守るためにも、しっかりと外壁塗装の、塗り替えを行う必要があります。

劣化症状についてですが、外壁を触ると白い粉が手についていませんか⁉︎これはチョーキングという現象で、塗装後10年を過ぎた頃に発生してきます。すぐに塗装の塗り替えが必要ということではありませんが、塗り替えを検討し始めるサインです。

また、塗膜の剥がれや膨れ、クラックが発生している場合は、塗膜の劣化がかなり進んでいる証拠で、そのまま放っておくと雨水が浸入してしまう可能性があります。剥がれや膨れは、建物を保護する機能が失われている状態なので、早急に塗り替えをする必要があると言えます。

すでに雨漏りが発生している場合は、外壁だけではなく、建物の構造に影響してきます。早急な対応が必要になります。天井などに染みが見られる場合は水が建物内部に侵入していると考えられるので、信頼のできる専門の業者に相談しましょう。


ユウトペイントは職人である代表の、私が、現地調査から施工まで親切丁寧に作業いたします。外壁・屋根塗装の専門店としてお客様の業者選びを解決します‼︎




また、当社は福利厚生倶楽部 RELO CLUB優待提携店です。福利厚生倶楽部 RELO CLUBご加入のお客様は優待特典もありますので、この機会に是非塗り替えでもどぅですか?お気軽にご相談ください!



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

早いものでもう2月も終わり、3月ですね。天気予報によるとこれから、どんどん暖かくなって春に向かうようです。 塗装屋さんにとっては仕事のしやすい時期の到来です。 外壁・屋根のリフォームを考えておられる方にも塗り替えに最適な季節の到来ですよ! そこで外壁・屋根のリフォームによる効果をお教えします‼︎ まず一つ目は ①美観 二つ目は ②外装の保護 美観は、新築時のように美しい外観を取り戻すことができ、色

メチャ寒い朝が続いていますが、職人の朝は早いので起きるのがツラいです。 1月も終わり2月に突入しましたが、相変わらず、オミクロンが猛威を奮ってます!また、緊急事態宣言が出るのでしょうかね。 さて、立春がやってくる2月4日頃は、まだ一年で最も寒い時期。春の始まり、といわれても、今一つ実感がわかない方も多いかもしれません。 ちなみに、立春の時期は、気温こそまだまだ低いですが、冬至の頃より日の出は約10